Q☆blog
レーシングドライバー・和田久のレースリザルトやお知らせ等を随時UP!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■スーパー耐久シリーズ最終戦・ツインリンクもてぎ
■Aドライバー予選
総合13位 ST-2クラス6位 2’03.555

■Bドライバー予選
総合8位 ST-2クラス3位 2’01.935

■予選総合
総合9位 ST-2クラス4位 4’05.490

■Cドライバー予選
総合7位 ST-2クラス2位 1’31.228

■決勝
総合10位 ST-2クラス5位 (102周/105周中)

ST-2クラス シリーズタイトル獲得!!!

          2008S耐最終茂木 005

いよいよ泣いても笑ってもこの最後のレースで決まる。

と思いきや何時もの好調さは何処へ??
原因不明の季節外れ「遅い病」に掛かってしまった37号車。

結局モーターチェンジをしたら何時もの絶好調マシーンに戻ったけどね。
慣らしもしなくてはならないのであえて予選は諦めて決勝に照準を合わせていく。

今回は土曜日ワンデーレースで日曜日はオーバールバトルなんで忙しいの何のって・・砂子の引退セレモニーも有りーので土曜日は大忙し。

          DSCF8732.jpg

          2008S耐最終茂木 001

決勝に向けてはあえて勝たなくてもチャンピオンは獲れるのでとにかくマシンを労わり最後最良のポジションでチェッカーを受けられればOKの作戦。
前回みたいなのは絶対死んでも嫌だからね。

スタート砂子で順調にコマを進めポジションキープ。

次に会長ヒノキ氏も堅実な走りで応える。

最後、和田Qにバトンを渡しコースへ。

その次点ですでにOKポジション。
他はどうでもいい。
とにかくエンジン・ミッション・駆動系に優しく和田Qらしからぬ安全運転で、最後、チェッカー前に5番手に落とすも見事シリーズタイトルを決めた。

          37.jpg

          37a.jpg




★11月16日 オーバルバトル

■練習走行
総合8位 ST-2クラス2位 1’04.066

■Aドライバー予選
総合7位 ST-2クラス2位 1’01.237

■Bドライバー予選(大瀧賢治選手)
総合10位 ST-2クラス3位 1’02.206

■予選総合
総合6位 ST-2クラス2位 2’03.443

■第1ヒート
総合5位 ST-2クラス2位 (48周/50周)

■第2ヒート
総合8位 ST-2クラス4位 (48周/50周)

■総合結果
総合4位 ST-2クラス1位 優勝! (96周/100周)

          オーバル 061

続く日曜日はオーバルバトル。

予選から好調で2位をゲット!
久々の大瀧ケンチャンのハートにも火が着く。

決勝は第1ヒートを2番手でチェッカー。

続く第2ヒートで・・・おや?トップのエンドレス13号車の峰尾がグリッドを離れた瞬間エンジンブロー!!
ありえな~い!!・・でもラッキー!!・・みたいな・・

ケンチャンがトップを守って帰ってくると俺の出番→急いでコースへ→でここでトランスポンダー交換がなされておらず再度ピットイン→コースへ。
ここからえっちらおっちら追い上げて何とか優勝!!

最初のレースで勝って1番最後のレースも勝ってシリーズも獲ってホント良い終わり方が出来たお~v(^o^)/

          オーバル 046

(WADAQ)
スポンサーサイト
■SUPER GT最終戦・富士スピードウェイ
          シーマ450VIP黒 004

■練習走行
GT-300クラス 20位 1’46.002

■予選1回目
GT-300クラス 20位 1’58.436

■予選2回目
GT-300クラス 10位 1’55.163

■フリー走行
GT-300クラス 18位 1’45.821

■決勝
リタイア (36周/62周中)

          シーマ450VIP黒 003

いよいよGT最終戦の富士。

フリーから相変わらずウエットは大得意の87ガイチャン。
しかし乾いてくると・・やっぱ相変わらず不得意なの ?
・・といいつつもいつもよりはドライもそこそこ良かったんだよ。

それに対して正反対の88号車ガイ君はドライは超絶好調!!
セッショントップの1分43秒台に入れる快走を見せナントトップタイム・・・87ガイちゃんにはジェンジェン見えましぇ~ん。

予選はウエットで待ってましたとばかりにはりきりモード。
ただ最後の最後にコンディションが好転。
次々と抜かれていく中、再度和田Qがコースイン・・が??前が・・前が・・見えないお~(泣)ガラスが雲って何も見えない状態で1周してピットへ・・・で結局予選は何時ものポジション・・みたいな・・。
タイミングが良ければスーパーラップモノだったと思うけど・・。

決勝はなにやら怪しい雲行き・・・と思いきやヤッパ来ました雨~うれぴ~和田Q。
スタート栗も慎重にラップを重ねるも徐々にクラッチにトラブルを抱える。

で・・俺の出番が「来た~!!」と織田裕二調にハリキでピットアウト・・・したら「ウォーン!ウォーン!」エンジンは元気なんだけどクラッチが空転空転(泣)オーマイゴッド~!!
せっかく廻ってきた大チャンスなんよ~頼むわガイチャン~ウンコしてもええから踏ん張ってくれや~と出て行って早々にクラッチが滑りまくりで結局最後は進まなくなったお~(T_T)

          87.jpg

・・こんなチャンス2度と無いのに~あ~(溜息)・・でもガイチャン速くなったし来年こそは!!!

(WADAQ)
■スーパー耐久シリーズ第6戦・スポーツランドSUGO
          SUGO1.jpg

■Aドライバー予選
総合5位 ST-2クラス1位 1’28.824

■Bドライバー予選
総合5位 ST-2クラス1位 1’28.929

■予選総合
総合5位 ST-2クラス1位 2’57.753

■Cドライバー予選
総合3位 ST-2クラス1位 1’31.228

■フリー走行
ST-2クラス6位 1’31.392

■決勝
リタイア (94周/135周中)

          SUGO2.jpg

菅生のレースで勝つ&チャンピオンを決めるという気運が高鳴る中、全員「必勝」の腕章を腕に37号車は金曜のフリーから絶好調!

のぼり調子の予選も正にその好調振りを発揮するかのごとく、2戦連続ポールポジションをゲット!。

特に今回は最終茂木まで持ち越したくないというチームの熱い気持ちが伝わるかのごとく、決勝は序盤からスタートの砂子もトップを快走!

2番手ヒノキ会長もペースも良くポジショニングをキープ。

そして和田Qにバトンがやってくると前後タイヤ交換をしてピットアウト。

          SUGO3.jpg

するとフロントタイヤのみの交換の眠眠打破ランサーの服部がナントトップへ・・そこでチャージをかける和田Q。
その間隔はすぐに詰まりテールツーノーズ!
何時でも仕掛けられる状態の中、交代4ラップ目の悪夢・・・急にエンジンのパワーが無くなる。
思いもよらぬエンジンブローでリタイアという最悪のシナリオが待っていた。

ただ救われたのは他のポイントゲッターも上位陣が次々とエンジンブローでリタイア。
結局最終茂木ラウンドへ持ち越しとなった。

しかし俄然シリーズは37号車がトップだ。

(WADAQ)
★ST-2 シリーズタイトル獲得!!
和田選手本人の記事でなくて申し訳ありません。
でも、あまり時間が経ってしまうと、感動も冷めてしまいますので(苦笑)、やはりそろそろご報告だけはしておかなくては・・・と思います。

11月15日(土)にツインリンクもてぎにて行われました、
スーパー耐久シリーズ最終戦にて、
チームシーケンシャル・37号車が見事、
ST-2シリーズチャンピオンの座に輝きました!!

           08staimotegi 118

皆様、応援ありがとうございました。

また後日、和田選手からのレポートを掲載予定ですので、
もうしばし・・・いえ、気長にお待ち下さいね。(笑)

取り急ぎお知らせまで・・・で失礼致します。

(管理人)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。