Q☆blog
レーシングドライバー・和田久のレースリザルトやお知らせ等を随時UP!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺なりに・・・Axl Roseのこと。
実は俺と同じ年齢46歳・・・
そのアクセルが全てをプロデュースしてるという事を考えると自分が親分で年齢と供に丸くなって万人に少し捕らえられるアレンジがされているアルバムになっていると思うよ・・新しいリスペクトを求めつつね。

しかもよく聴くと周りのとは裏腹に俺的な評価は結構高いんだよ!!聴けば聴くほどね・・本人のファクトリズムはスラッシュ脱退してからめっきり支持率が落ちたのも事実。
スラッシュのシングルピックで叩きつけるような物々しい迫力のリードがスッゲー魅力だったのも有るよね。

今回のアルバムではスラッシュのギターをロビーとロンにアクセルが指導したという話も聞いている。
本人、シングルリリースした曲が裁判になって追われる立場になったのだがスラッシュはイギリス人で以前からインディアナ出身のアクセルと確執でいざこざが絶えなかったらしい。
ただ俺はこの二人のジョイントは素晴らしい(色んな意味も含めて)コラボレーションだったと今でも思うんだ。

今回のは確かに全盛期のフレーズに比べて同じフレーズの曲が多いのもどうかと思うけど・・。
ただでもアクセルはアクセルなりに違うジャンルの曲にチャレンジしているのはとても面白いんだ・・。

特に全てのイントロはかなり編成してプロデュースしてきているのは聴いたら一目瞭然!!
「This I love」はどこか初期にイアン・ギラン主導ディープパープルでマンネリを自分から仕掛けた本人、リッチ-ブラックモアを髣髴させる。

よく「セックスピストルズ」を同等の評価に出す人もいるが俺的には根底のサウンドスタイルが違う。
そういう意味では「へヴィメタル」では無い独自のスタルトも幅を広げて色々なアクセスポイント広く追求しようとする気持ちがこのアルバムの面白い所でも有る。

結局、セールスは絶対条件だからね・・
バリバリヤンチャなガンズを期待してこのアルバムを聴いた人はがっかりしている人も多いみたいだが本人が違うジャンルをこのアルバムで開拓しようとしている気持ちが凄く分るし実は彼は非常に繊細で周りがどう思っているかという事に苛まれながらこのアルバムをリリースしたという事を聞いている。
スタッフも大掛かりに変えてね・・それまでのガンズのリリース「スパゲティーインシデンス」までのガンズを断ち切って独自のスタイルそのものをね・・思うに年齢の架け橋に才能溢れる持ち主は前途をマジで考え始めたアルバムと言えるだろう。

それは彼、まだまだ発展途中である「アクセル・ローズ」の進化であり自分と同じ年齢をはせて尚、理解出来るスタイルなのかもしれない。
何故か俺の若い頃の「デープパープル」をスタッフばかりを編成しながら嫌だと思いながら曲を書いていたのとは違うのだ。

若き日よ・・「独創性我にせり・・・唯我独尊」!!
若き人よ!!「独創性に寄与せよ」!

(WADAQ/GUNS N' ROSES 『CHINESE DEMOCRACY』を聴いて。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
和田さんのアクセルについてに感化され、私のG‘NRについてです。

今度のアルバムに賛否両論があるのはしかたがない。17年の期間と旧イメージからかなりの期待はしてましたから。
「アペタイト~」を聞いた時の衝撃はたしかになかった。攻撃的でもない。デイジーはいるけどやっぱりスラッシュとイジーの不在は痛いと思ったし、ブラックモアもジョンロードもいない今のパープルのような違和感も覚えた。
だからアクセルのソロアルバムというのが第一印象。
しかしハイトーンの健在ぶりにはさすがアクセル。「This I Love」の高音には鳥肌が立った。反対に低音もかなり熟している。更に聴き込んでくればロビンのgセンス、特に「Better」のgソロにはシビれました。
反対に「Catcher~」でブライアンの音源がカットされた(?)のは残念。あと全体的に同じフレーズの曲に聞こえるのはそれだけキャッチーな曲がないから。「Use your
~」のときもこれは感じました。
しかしスラッシュ達のベルベットリボルバーは完全に超えたと思います。こっちの方が断然カッコいい。
衝撃的過ぎた過去の作品とは切り離し、コレはコレ、アクセル1人でもG‘NRで十分。ヴィンスニール1人でモトリーのような感じ。
後はこの勢いのまま活動してもらいたい。
来日もしてほしい。あとは・・・

スラッシュと仲直りして!いい年なんだから。
2009/02/19(木) 23:53:38 | URL | にゃーこ #-[ 編集]
ブログ見て驚きました
和田さんがガンズ聴くとは思いませんでした

俺も買って聴きましたが最初は期待外れでしたね、聴きこんでいくと良くなってきましたが
バラードは相変わらず素晴らしく、捨て曲はないですがガツンとくる曲が一曲ほしいな~~勿体無い~と思いながらこればっかり聴いてます
アペタイトみたいなのを期待しちゃーいけないのでしょうがAXLを生かせるGがいれば~とか思いつつ

次は5年ぐらいで出してほしいもんです
2009/02/20(金) 22:04:58 | URL | やまぶち #-[ 編集]
v-218ニャーコ様
結局、本人は自分の世界を凄く頑固に持ってて凄く臆病な性格上、このアルバムを創る事になったと思うんだよ。どうしても「グループ」として活動していくとそういう自分が特化している人の集まりだから誰かが折れないと収集が付かない。今までいろんなグループを見てきたけどどれも皆同じ事で分裂するんよ。特にアペタイトフォーディストラクションは最初の天才アーティストがぶつかり合った素晴らしいアルバム。これも同じく大体どのグループも最初のアルバムの印象は非常に強い・・それを超えられないで深みにはまって行くパターンがホント多いよね。最近のグループで行くと違うグループとして挙げられるのは「コールドプレイ」・・彼らは必然的にそんなグループを見てきているのか分らないが非常にお互いを尊重し有っている。だから出せば出すほど良い曲、良いアルバムが出来て今年グラミ7部門ノミネート(確か・・??)になったんだと思うよ。自分達一人一人の生き方と自分に対しての厳格なスタイルを他のスタッフが認めていないとそうそう良いアルバムは出来ないよ。まあアクセルはそういうものに興味の無い人間だけどね・・(笑)
2009/02/25(水) 01:10:16 | URL | WADAQ #-[ 編集]
v-218やまぶちさま
俺は生まれ着いて音楽に目覚めたのが小学校3年生。ビートルズですわぁ・・その後、中1でディープパープルに明け暮れ今に至る・・みたいな・・別にメタル&ハード系ばかり聞いている訳では無いのですよ。ただ日本人は聞かない・・一切。カラオケは歌うけどね・・ミスチルとか・・・ガンズは俺の若い頃のフレーズが何となくマッチして聞くようになっただけ。その前とかU2&ティアーズ(フォーフィアーズ)をよく聞いてた。人の世界感ってホント違う・・それはドライバーも同じで自分ばかりが出ようとすると違う方向に行ってしまうんだなこれが・・出過ぎずこばまらずみたいな・・
2009/02/25(水) 01:29:46 | URL | WADAQ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。